ライブに何度もいく理由。

音楽に身を任せたまま踊っていたい、いつまでも。

ここ3年ほどバンドのライブに行く機会が増えた。音楽の好みががらっと変わって、邦楽ロックをよくきくようになったからだ。特にスタンディングのライブは本当に興奮するし楽しいし夢のような時間を過ごせる。もみくちゃにされるけど。

 

ライブに行く理由は身体全体で音楽を感じたいから。もちろん好きなアーティストが目の前にいるっていうのもうれしいんだけど、それ以上に身体中に響く音楽を味わうことが好きだ。前に背の高い人がいて全然見えなかろうと、ライブ中周りの人々に押しつぶされても、それでもわたしはその空間に居たい。すごく狭い空間で好きな音楽に身を任せて、くるくると踊るあの時間が大好きだ。手を掲げてリズムをとったり、アーティストの言葉に煽られて、おりゃーってみんなで盛り上がったりするその掛け合いが好きだ。楽しすぎてライブ中はだいたいにやにやしてる。音楽がそこで鳴っているということが一番興奮することなのだと思う。

 

好きだといっても経験が浅いから、少しビビっていることもある。友達といくからなんとかメンタル保ってるけど、正直暗黙のルールとかよく分からないことも多い。事前にググってどんな格好で行くかなどは調べるけど、サークルモッシュが近くで出来ると「ま?!どうしよう?!」ってなってとりあえず逃げちゃうし。ファンしかわからないコール&レスポンスがあったりもする。この曲のときはこうする、みたいなやつとか。ライブハウスにも行ってみたいけど、行ったことないから足を踏み入れるのはちょっと怖い。

 

ただあの場所にいるのは等しく同じアーティストが好きなファンなのだ。浅い深い関係なく。同じものが好きであの空間にいる。そして同じ時間を共有している。ライブが始まる前のみんなのわくわくが伝わってくる空気、終わった後の名残惜しさと満足感の漂う空気。いいよなあ、良かったよなあって何度も反芻してしまう。

 

だから何度でも緊張しても1人であってもライブに足を運ぶのだと思う。誰かの言葉に背中を押され、誰かの音楽に励まされ、誰かの歌に心揺さぶられる。全然知らない人と空間と時間と感情を共有してるんですよ、すごすぎないか。みんな。めちゃくちゃ幸せじゃん。大きな目的があるとみんな1つになれる。

 

こないだ山人音楽祭に行ってきたんだけど、感動したことがある。10-FEETの時アリーナ全体があらゆるブロックで同じ動きをしていたこと。たぶんそれもこの曲の時はこうするんよ、っていうのがあるんだろうね。名前しかしらなかったところからのあの盛り上がりはわたしの心にずっしりとのしかかってきた。スタンド席から見てたけど、普通にあの輪の中に入りたかったです。つぶされて死んでたろうけど(笑)ものすごく盛り上がってたし、わたしもとても楽しかった。お目当てはUVERworldで行ったんだけどね。UVERは演奏してくれたのが知ってる曲ばっかりで本当にびっくりするほど楽しかった。曲をよく知ってからいくと尚良いって改めて思った。押しつぶされまくったけど、懸命に自分が立っている場所で音楽の波にのった。人とくっつくの本当に苦手で満員電車とかたまに息の仕方を忘れちゃったの?ってくらいに息ができなくなる時があるんだけど、ライブ中はいくら人とくっついててもそんなことないんだよね。不思議な空間。

 

さて、今日はわたしが今ドはまりにはまっている04 Limited SazabysのNEWアルバム「SOIL」の発売日でした。店頭に寄ってGETしてきました。本当に最近、はまったから予約とかもしてなくて直に行って買ってきました。がんがんな楽器隊がすごい好きなんだと思う。UtopiaとKitchinが特に好きかなあ、でもPasswordも好きだな、なんて言ってたらしまいには全部好きっていうことは分かってるんだ。ステッカーもめっちゃ可愛かった。丸く切っちゃったけど(笑)いつかライブ行きたい。

 

以上。

 

三富の独り言とフォーリミの宣伝でしたっ☆笑

いやあ、ライブ行きたいですね。(しみじみ)